BLOG


ぎっくり腰2022年7月8日

こんにちは。RERAC佐鳴湖店の近藤です。

7月に入り急に、暑いですね。いかがお過ごしでしょうか?

今日は、立ち上がった瞬間や、重いものを持ち上げた瞬間などに腰に激痛がはしる、ぎっくり腰の情報です。 

ぎっくり腰は年配の方におきやすいイメージですが、若い人でも起きうるので、気をつけましょう。

また、細身・肥満の体型にも関係なく起きるそうです。

急に腰が痛くなって、その場にうずくまった経験はありませんか?

腰痛の中でも痛みが急激に生じる『急性腰痛』のことをぎっくり腰と呼びます。

腰は、骨が縦に五つ並んでいます。その骨と骨の間にクッションの役割をする軟骨で構成されていて曲げたりそらしたりすることができます。

腰のまわりにある筋肉の動きが不十分になることをきっかけに激痛がはしります。

では、どんな時に起きやすいのか?

長時間の座りっぱなしや、寝返りを打たなかったり、『同じ姿勢を続けている』となりやすいです。

姿勢に変化がないと、腰に長時間圧力がかかり関節の動きがなく、このような状態で『急に立ち上がったり、姿勢を変える』と関節や筋肉が正常に動かなかったりすることで、筋肉が傷つき炎症を起こし、痛みが発生します。

例えばデスクワークの人は軟骨の変形不全、中腰の作業が多い人は筋肉の動作不全が原因のぎっくり腰がおきやすいです。

ぎっくり腰の予防

①30分に1度は、姿勢を変える。

②バランスボールを使って日頃から骨盤を動かす。(腰を動かす体操)

③腹筋など腰を支える筋肉を鍛える。など予防を心がけましょう。

わかっていてもなかなかできなかったり、疲れてるな〜と感じている方は、ぜひRERAC佐鳴湖店で全身マッサージでほぐされてみてください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。